不動産名義変更手続センターでは、相続や贈与時の土地・家・マンションなどの不動産名義変更手続きについて、お客さまを完全サポートいたします!

司法書士法人不動産名義変更手続センター

主な業務地域: 東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県を中心に全国対応

0120-670-678

受付時間

9:00〜18:00 (土日祭日を除く)

ご相談は無料で承ります!

不動産が誰の名義か調べるには?
土地や建物は誰のもの?

  • 訂正方法は主に3つある。
  • 原則としては所有権抹消
  • 一部のみ間違っている場合は所有権更正
  • 例外として手続きが困難な場合は真正な登記名の回復

登記名義人が間違っていた場合の訂正方法は?

考えるビジネスマン

不動産の所有権の登記名義人が、その登記をした当初から間違っていた場合(本当は所有権を取得していなかった、又は現在の登記名義人とは別の人が所有権を取得していた等)、登記名義人を真実の所有者に訂正する必要があります。

訂正方法は、主に次の3つが考えられます。

  • 所有権抹消登記
  • 所有権更正登記
  • 真正な登記名義の回復登記

所有権抹消登記とは?

登記名義人が間違っていた場合の原則的な訂正方法です。

現在の登記名義人が所有権を取得していなかった場合は、その登記名義人の登記を抹消して、登記名義を前所有者に戻します。また、現在の登記名義人とは別の人が所有権を取得していた場合は、一旦その登記名義人の登記を抹消して、登記名義を前所有者に戻した後、改めて真実の所有者へ所有権移転登記をします。

例えば、AからBへの売買による所有権移転登記がされている(登記名義がAからBに移転している)とします。ところが、実際はAB間の売買契約は存在しなかったとします。そうすると、実体上所有権はAからBへ移転しておらず、真実の所有者はAのままです。

つまり、AからBへの売買による所有権移転登記は、実体を伴わない無効な登記となります。そこで、真実の所有者と登記上の所有者を一致させるため、AからBへの売買による所有権移転登記を抹消することで、登記名義をAに戻します。

また、上記の例で、AからBへの売買ではなく、実はAからCへの売買だったとします。この場合、上記のように、AからBへの売買による所有権移転登記を抹消して、一旦登記名義をAに戻した後、改めてAからCへの売買による所有権移転登記をします。

所有権更正登記とは?

登記名義人の一部」が間違っていた場合の訂正方法です。

登記名義人の一部が間違っているということは、他の部分は合っているということになります。そこで、間違っている部分についてだけ訂正するのが更正登記です。

例えば、AからBへの売買による所有権移転登記がされている(登記名義がAからBに移転している)とします。ところが、実際はAからBへの売買ではなく、AからB及びCへの売買であり、B及びCは売買代金を半分ずつ支払っていたとします。

そうすると、実体上はBが単独で所有しているではなく、B及びCが各2分の1の割合で共有しているということになります。つまり、Bの登記上の所有権のうち2分の1は、実体を伴わない無効な登記となります。

そこで、真実の所有者と登記上の所有者を一致させるため、所有者Bから共有者B及びC(持分各2分の1)への更正登記をします。この場合、上記抹消登記のように一旦登記名義をAに戻すわけではありませんが、Aも登記手続に参加しなければならない点に注意が必要です。

真正な登記名義の回復登記とは?

原則的な訂正方法である抹消登記によることが法律上不可能な場合や、困難な場合に認められる登記名義人の訂正方法です。

上記のとおり、現在の登記名義人が真実の所有者ではない場合の原則的な訂正方法は抹消登記ですが、その登記名義人を真実の所有者だと信じて取引等をした第三者がいることがあります。その場合は、その第三者の信頼を保護する必要があるため、登記名義人の抹消登記が制限される場合があります。そこで、抹消登記の代わりに、真正な登記名義の回復という方法で、真実の所有者に登記名義を戻すことが考えられます。

例えば、AからBへの売買による所有権移転登記がされている(登記名義がAからBに移転している)とします。ところが、実際はAB間の売買契約は存在しないにもかかわらず、AとBが意思を通じて売買による所有権移転を仮装したとします。そうすると、実体上所有権はAからBへ移転しておらず、真実の所有者はAのままです。つまり、AからBへの売買による所有権移転登記は、実体を伴わない無効な登記となります。

しかし、この登記を信頼したCが、Bとの間で抵当権設定契約を締結し、Cを抵当権者とする抵当権設定登記をしたとします。法律上、AとBは、AからBへの売買による所有権移転登記が無効であることをCに主張することができないため、Cの任意の承諾を得ない限り、その登記を抹消することができません。

そこで、Cの承諾が必要な抹消登記ではなく、登記手続上Cの承諾がなくても可能な移転登記の方法で、真実の所有者と登記上の所有者を一致させるという方法が考えられます。

お問合せ・無料相談はこちら

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
当サイトは不動産名義変更の専門家である司法書士(当センター代表)が監修、作成しております。

不動産の名義変更や、相続、生前贈与、離婚 (財産分与)、売買等に関する手続きに
ついて、ご不明な点やご相談などございましたら、お電話または無料相談フォームより

お気軽にお問合せください。

コールセンターの写真

お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せ・無料相談はこちら

0120-670-678

受付時間:9:00〜18:00 (土日祭日を除く)

司法書士法人 不動産名義変更手続センター

無料相談実施中!

電話している男性の写真

相談は無料です!

0120-670-678

受付時間:9:00〜18:00
(土日祭日を除く)

運営:司法書士板垣隼事務所

無料相談の詳細はこちら

お客さまの声

当センターにご依頼いただいたお客さまに手続き終了後、ご感想をお伺いしております。ご了承をいただいたお客さまのご感想の一部を掲載させていただいております。

お客さまの声の画像

相続手続きガイド

相続財産の名義変更

相続が発生した場合、不動産以外にも、預貯金・自動車・株など各種の名義変更が必要になります。【ケース別】の相続登記の詳細案内はこちら

事務所概要

代表の画像.jpg

運営事務所
司法書士法人
不動産名義変更手続センター

旧:司法書士板垣隼事務所

0120-670-678

03-6265-6559

03-6265-6569

代表者:司法書士 板垣 隼

代表者プロフィール

住所

〒102-0074 東京都千代田区九段南 4丁目6番14号
九段YMビル4階

主な業務地域

東京、埼玉、千葉、神奈川
などの首都圏を中心に
≪全国対応!≫

東京近郊は出張相談可

事務所概要はこちら

アクセスはこちら

当センターではプロサッカークラブ『モンテディオ山形』を応援しています!

モンテディオ山形のロゴ