不動産名義変更手続センターでは、相続や贈与時の土地・家・マンションなどの不動産名義変更手続きについて、お客さまを完全サポートいたします!

司法書士法人不動産名義変更手続センター

主な業務地域: 東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県を中心に全国対応

0120-670-678

受付時間

9:00〜18:00 (土日祭日を除く)

ご相談は無料で承ります!

建物を新築したら登記は何が必要?


《この記事の監修者》

司法書士法人不動産名義変更手続センター
代表/司法書士 板垣 隼 (→プロフィール詳細はこちら
 

  • 家(建物)を新築したらまず最初に表題登記
  • 表題登記の専門家は土地家屋調査士
  • 表題登記の次に所有権保存登記
  • 所有権保存登記の専門家は司法書士

建物を新築したらする不動産登記とは?

表示に関する登記と権利に関する登記に分かれています。

建築中の家をチェックする男性

表示に関する登記では、不動産の物理的状況が記録されます。

例えば、建物がどの場所にあるのか、居宅なのか店舗なのか、木造なのか鉄筋コンクリート造なのか、広さはどのくらいなのかといったことが記録されます。

権利に関する登記では、不動産の権利関係が記録されます。例えば、不動産を誰が所有しているのか、担保権は設定されているのかといったことが記録されます。

表示に関する登記で最初にするのが「表題登記」、権利に関する登記で最初にするのが「保存登記」です。

 

表題登記とは?

建物を新築したらまず最初にする登記のことで、建物の物理的な状況等が登記されます。

一般的な建物表題登記の登記事項

  • 所在・家屋番号・種類・構造・床面積
  • 所有者の住所・氏名

 

表題登記は申請義務あり

表題登記は法律で義務付けられており、新築した建物の所有権を取得した者は、その所有権の取得の日から1か月以内に、表題登記を申請しなければならないこととされています(不動産登記法47条)。また、法律上は、表題登記の申請を怠ったときは、10万円以下の過料に処せられることになっています(不動産登記法164条)。

 

専門家は土地家屋調査士

表題登記は自分で申請することも可能ですが、専門家に依頼する場合は、表示に関する登記の専門家である土地家屋調査士に依頼することになります。

保存登記とは?

表題登記の次にする登記のことで、権利(所有権)に関する最初の登記になります。

一般的な建物の保存登記の登記事項

  • 所有者の住所・氏名

家の新築時の名義は、所有権保存登記の所有者の欄に記載されている内容(住所氏名)のことを言います。

 

保存登記は権利の登記の出発点

権利に関する登記をするには、その前提として保存登記がされていなければなりません。

権利に関する登記には、売買による所有権移転やローンを組んだときの抵当権設定などがあります。例えば、建物の売った場合、表題登記だけしていて保存登記をしていない売主は、保存登記をしなければ、買主へ所有権移転登記をすることができません。また、ローンを組むときも、保存登記をしなければ、抵当権設定登記をすることができません。

 

保存登記は登記義務なし

保存登記を含む権利に関する登記は、表題登記とは異なり、その申請が法律で義務付けられていません。

売買や抵当権設定など不動産に関する権利の変動は、その登記することによって、その権利の変動を第三者に対して主張することができるようになります。このような利益を受けるかどうかは当事者の意思に委ねればよいという考え方から、権利に関する登記を申請するかどうかは任意となっています。

 

専門家は司法書士

保存登記は自分で申請することも可能ですが、専門家に依頼する場合は、権利に関する登記の専門家である司法書士に依頼することになります。

専門家に依頼しないで、自分で手続きできませんか?

誰でもできるとは言えませんが、時間と労力をかければ可能です

ペンを持つ男性の手の写真

表題登記、保存登記ともにご自身で手続きすることは可能です。事案によっては手続きが難しい場合もあります。

住宅ローンなどを組まれる場合は、ご自宅への担保(抵当権)の設定が同時に必要になりますので、銀行がご自身での登記を認めないことも考えられます。

お問合せ・無料相談はこちら

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
当サイトは不動産名義変更の専門家である司法書士(当センター代表/司法書士 板垣隼)が監修、作成しております。

不動産の名義変更や、相続、生前贈与、離婚 (財産分与)、売買等に関する手続きに
ついて、ご不明な点やご相談などございましたら、お電話または無料相談フォームより

お気軽にお問合せください。

コールセンターの写真

お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せ・無料相談はこちら

0120-670-678

受付時間:9:00〜18:00 (土日祭日を除く)

司法書士法人 不動産名義変更手続センター

無料相談実施中!

電話している男性の写真

相談は無料です!

0120-670-678

受付時間:9:00〜18:00
(土日祭日を除く)

運営:司法書士板垣隼事務所

無料相談の詳細はこちら

お客さまの声

当センターにご依頼いただいたお客さまに手続き終了後、ご感想をお伺いしております。ご了承をいただいたお客さまのご感想の一部を掲載させていただいております。

お客さまの声の画像

相続手続きガイド

相続財産の名義変更

相続が発生した場合、不動産以外にも、預貯金・自動車・株など各種の名義変更が必要になります。【ケース別】の相続登記の詳細案内はこちら

事務所概要

代表の画像.jpg

運営事務所
司法書士法人
不動産名義変更手続センター

旧:司法書士板垣隼事務所

0120-670-678

03-6265-6559

03-6265-6569

代表者:司法書士 板垣 隼

代表者プロフィール

住所

〒102-0074 東京都千代田区九段南 4丁目6番14号
九段YMビル4階

主な業務地域

東京、埼玉、千葉、神奈川
などの首都圏を中心に
≪全国対応!≫

東京近郊は出張相談可

事務所概要はこちら

アクセスはこちら

当センターではプロサッカークラブ『モンテディオ山形』を応援しています!

モンテディオ山形のロゴ

0120-670-678に電話する