不動産名義変更手続センターでは、相続や贈与時の土地・家・マンションなどの不動産名義変更手続きについて、お客さまを完全サポートいたします!

主な業務地域: 東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県を中心に全国対応

0120-670-678

受付時間

9:00〜18:00 (土日祭日を除く)

ご相談は無料で承ります!

夫婦間で名義変更

夫から妻、妻から夫に名義変更

生前贈与のイマージ写真

夫婦間での不動産の名義変更する事例は各種ございます。夫から妻に変更するケースが多いですが、妻から夫に変更するケースもございます。夫婦間の名義変更の主な手続き内容として以下がございます。

  • 夫が亡くなったので夫名義の自宅を妻の名義に
  • 夫名義のマンションを相続税対策として妻に生前贈与
  • 離婚に伴い夫名義の土地・建物を妻に財産分与
  • 離婚に伴い夫婦共有のマンションの妻持分を夫に

夫から妻、妻から夫に名義変更する事例は相続・贈与・財産分与など各種ございます。各手続きによって費用や税金も異なりますし、手続きの方法も変わってきます。

夫が亡くなったら妻名義?子供の名義?

生前贈与のイマージ写真

夫が亡くなり、妻と子2名(長男、二男)がいる場合、自宅の名義は誰にするのがいいでしょうか?

事情などにもよりますので一概にどれが良いということはございません。相続税などの問題と、将来の引き継ぎの両方を考慮する必要があるかと思います。

夫婦の一方が存命の場合は、存命の配偶者に変えるケースが多いかと思います(今回のケースの妻)。
この場合は、妻が亡くなった際に再度子への名義変更が必要になります。

長男が自宅を引き継ぐことが決まっているのであれば、妻の名義にせずに直接夫から長男の名義にすることも可能です。その場合は妻が亡くなった場合に不動産名義変更の手続きはございません。

特殊な事例かもしれませんが、長男の名義にした後、長男が母よりも先に亡くなり、お嫁さんが家を売却するから夫の母に今すぐ出て行けと言われて困っていると相談を受けたこともございます。

一度名義変更すると後から戻すことは困難です。じっくり御家族で話し合いメリット・デメリットも踏まえ、誰の名義にするか決めましょう。

生前に名義変更するのと、亡くなってから名義変更するのはどちらが良い?

生前贈与のイマージ写真

生前に名義変更するのは通常「贈与」の手続きになり、亡くなった後の手続きは「相続」になります。

単純に名義変更の費用だけ比較すると、相続の方が安く手続きできます。

登記手続きに必要な登録免許税は相続が評価額の0.4%、贈与が評価額の2%と5倍の差があります。また、贈与の場合は不動産取得税が原則課税されます。相続の場合は不動産取得税はかかりません。

単純に費用だけで考えると相続の方が良いですが、相続の場合はお子様やお子様がいなければ配偶者の兄弟なども関与します。贈与は夫婦の2名だけの手続きです。よって、手間だけ考えると贈与が楽です。また相続の場合、お子様やご兄弟様が将来手続きに協力してくれない場合は名義変更できなくなることもございます。

他にも、相続税と贈与税の問題もございますので、単純にご自宅の評価額だけでなく、全体の資産なども考慮する必要がございます。

生前贈与の配偶者控除を利用して相続税対策

生前贈与のイマージ写真

夫が亡くなった場合の相続税対策として、夫名義の自宅を妻に生前贈与するケースがございます。

夫の財産が妻に贈与されると、夫の財産は減ります。つまり相続税の対象の財産が減るので、相続税も減ります。

通常は贈与税が高税率なので、相続税は減っても贈与税で払う方が高くなることになることが多くなったりするので簡単に贈与で減らせるわけではないですが、結婚20年以上でご自宅の土地・建物を配偶者に贈与する場合は、配偶者控除の利用が可能です。配偶者控除が利用できれば2000万円まで贈与税がかかりません。

よって、2000万円まで贈与税がかからず贈与できることになります。2000万円を超える自宅であっても、一定の割合で2000万円を超えない分を贈与することも可能です。

なお、贈与税は課税されなくても、贈与による所有権移転登記にかかる登録免許税などの費用は別途発生します。

離婚を考えている場合、名義変更手続きは離婚前と離婚後どっちが良い?

生前贈与のイマージ写真

離婚に伴い名義変更を検討される場合、離婚前がいいのか離婚後に名義変更するのがいいのかとのお問い合わせいただくことがございます。

離婚前後で大きく変わってくるのは贈与税です。

離婚届け提出前に名義変更する場合は通常「贈与」になります。贈与の場合は贈与税が原則かかります。結婚20年以上であって自宅の場合には配偶者控除の利用も可能ですので、配偶者控除の範囲内であれば離婚前であっても贈与税はかかりません。ただし、申告手続きは必須です。

なお、離婚後の財産分与として名義変更する場合は、基本的には贈与税は課税されません。

婚姻期間などにもよりますが、一般的には離婚後に手続きされたほうが贈与税の心配は少ないく名義変更できると考えられます。

その他としては譲渡所得の違いもございます。離婚前の贈与の場合は課税がございませんが、離婚後の財産分与の場合は、購入時より財産分与の時点でご自宅が値上がりしている場合に課税されます。

住宅ローンが残っている場合の離婚

生前贈与のイマージ写真

住宅ローンが残っている場合、不動産の名義変更と合わせてローンも新所有者に変更されるのであれば特に問題ありませんが、既存の住宅ローンが残ったままで名義変更だけするには問題があります。

住宅ローンが残ったままで名義変更

お問合せ・無料相談はこちら

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
不動産の名義変更や、相続、生前贈与、離婚 (財産分与)、売買等に関する手続きに
ついて、ご不明な点やご相談などございましたら、お電話または無料相談フォームより

お気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せ・無料相談はこちら

0120-670-678

受付時間:9:00〜18:00 (土日祭日を除く)

運営:司法書士板垣隼事務所

相続手続きガイド

相続財産の名義変更

相続が発生した場合、不動産以外にも、預貯金・自動車・株など各種の名義変更が必要になります。

事務所概要

代表の画像.jpg

運営事務所
司法書士板垣隼事務所

0120-670-678

03-6265-6559

03-6265-6569

代表者:司法書士 板垣 隼

代表者プロフィール

住所

〒102-0074 東京都千代田区九段南 4丁目6番14号
九段YMビル4階

主な業務地域

東京、埼玉、千葉、神奈川
などの首都圏を中心に
≪全国対応!≫

東京近郊は出張相談可

事務所概要はこちら

アクセスはこちら

当センターではプロサッカークラブ『モンテディオ山形』を応援してます!

モンテディオ山形ホームゲーム告知チラシダウンロード