不動産名義変更手続センターでは、相続や贈与時の土地・家・マンションなどの不動産名義変更手続きについて、お客さまを完全サポートいたします!

主な業務地域: 東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県を中心に全国対応

0120-670-678

受付時間

9:00〜18:00 (土日祭日を除く)

ご相談は無料で承ります!

自分で手続きできる?専門家に依頼が必要?

不動産の名義変更手続きを自分で

専門家に依頼しないで、自分で手続きできませんか?

専門家に任せると手続きは楽になりますが、その分追加で費用がかかるので、出来れば自分で手続きをして費用を抑えたいということは、ご相談でもよく伺います。

誰でもできるとは言えませんが、時間と労力をかければ可能です

裁判(訴訟)や税務申告などにも弁護士や税理士等の専門家がいますが、ご自身で裁判を起こしたり、税務申告することが可能であるのと同じく、不動産の名義変更手続きもご自身で手続きすることは可能です。

もちろん事案によっては一般の方ではかなり難しい場合もございます。

ご自身では難しいと感じたら当センターへご相談ください。

詳しくはこちらをクリック

時間と労力の目安として、手続きには以下のような手間がかかります。
(主に相続による名義変更の場合の目安です。)

  1. 平日に不動産を管轄する法務局(登記所)に3,4度行く
    (1.相談、2.申請、3.完了後の回収、4.不備があれば補正のため)
  2. 遠方の役所の書類を収集するため、直接出向いて取得するか郵送で取り寄せる
  3. 古い戸籍謄本を解読する
  4. 遺産分割協議書、贈与契約書、財産分与契約書などの法的書類を作成する

(1)は平日に時間のある方であれば問題ないですが、日中働いている方は難しいと思います。
(2)~(4)は書籍やインターネットで調べて一定の知識を補充する必要があります。

上記をクリアできれば、専門家に依頼することなく手続きは可能です。

しかし、不動産は重要で高額な財産です。不十分な知識で手続きを行い、後々に当事者間でトラブルが生じないよう、専門家による確実な手続きお勧めいたします。

トラブルの可能性は様々ありますが、事例として以下のようなことがあります。

  1. 生前贈与で親が亡くなる前に名義変更しておいたが、親が亡くなった後に他の兄弟に、親の印鑑を勝手に持ち出して手続きしたのではないかと手続きを疑われ、裁判になるケース。
  2. 将来の税金のことを考えず名義変更したために、相続税等の税金対策が難しくなるケース。(二次相続の場合など。)
  3. 登録免許税以外の税金(贈与税、譲渡所得、不動産取得税)などのことを考慮せず名義変更してしまい、後日大きな税金が課税されてしまうケース。

専門家に手続きを依頼した場合は、第三者が間に入りますので、後々の証拠にもなり、単に名義変更の手続きをするだけでなく、それに関連する様々なアドバイスも可能です。

専門家に依頼したらどれくらいの費用がかかる?

不動産の写真

不動産登記、名義変更の専門家は司法書士です。
手続きを代理してもらう場合は司法書士事務所に依頼することになります。

司法書士の報酬は自由化されておりますので、各司法書士によって費用は異なります。事案によっても異なりますので一律の費用ではないことが多いようです。

司法書士事務所によって、やってくれる内容(書類の収集なども全てやってくれるのか)も異なりますので、詳細は各司法書士事務所へご確認ください。

当センターも司法書士事務所が運営しております。ご依頼の場合は当センターにて対応可能です。

専門家に代行を依頼するには?

 

手続きがご自身では難しいなと思われましたら、お気軽にお問い合わせください。

その他、一般的に難しいと思われる作業

古い戸籍謄本の見本

クリックすると拡大します

相続の手続きをする際に、必ず必要な作業として相続人の確定があります。

具体的には、被相続人の生まれた時から亡くなるまでの戸籍を調査することになります。

高齢の方がなくなった場合は、かなり古い戸籍謄本を取得し、解読しなくてはなりません。古いものは手書きで記載されていることや、文字が旧字体であったりするため解読が難しいです。

例えば、亡くなった方が60歳以上の場合は、右のような戸籍を解読する必要があります。

当然、もっと古くなれば(亡くなった方が高齢であれば)解読は難しくなります。

法的書類の作成

  • 相続登記の場合は、「遺産分割協議書
  • 生前贈与の場合は、「贈与契約書」、「贈与証書
  • 離婚(財産分与)の場合は、「財産分与契約書」、「離婚協議書
  • 売買の場合は、「売買契約書

不動産の名義変更の手続きをするには、上記のような書類作成が必要です。契約等の法律行為により名義が変わるので、それを法務局に書類で提出するからです。

法的書類は、それぞれの契約等によって記載する内容が異なります。最低限必要な記載が抜けていると、契約書としては有効になりません。

通常、個人で契約書を作成する機会は少ないので、契約書を作成するには、法的な知識をある程度補充しないといけません。
インターネットや書籍でも各種契約書の雛型は載っておりますが、全く同じ契約でない場合は、それをどのように利用(修正)していいかは難しいと考えます。

名義変更手続きを自分でやる方法

手続きの手間や税金のことなどもご自身でクリアでき、実際に専門家に頼まず手続きされる方はこちらを参照ください。
こちらを見てやはり自分では手続きが難しいと思われた方はお気軽にご相談ください。

相続による名義変更(相続登記)を自分でやる方法

相続登記とは、亡くなった方の名義になっている土地・家・マンションなど不動産の名義変更のことです。財産を引き継ぐ相続人へ名義を変える際に必要な手続きになります。

相続登記を自分でやる方法の詳細をまとめましたので、こちらの詳細をご覧いただきご自身で手続きできそうか判断ください。

相続登記を自分でやる方法の詳細

贈与による名義変更を自分でやる方法

贈与とは無償(タダ)で財産を譲り渡すことです。

親から土地を貰う!夫名義のマンションを妻へ名義を変えたい!

お金のやり取りがなく、単に土地やマンションなどの名義を変更する場合は基本的に「贈与」に該当します。一般的には上記のように親子間、夫婦間の手続きが多いかと思います。

贈与による名義変更手続きを自分でやる方法の詳細をまとめましたので、こちらの詳細をご覧いただきご自身で手続きできそうか判断ください。

贈与による名義変更を自分でやる方法の詳細

お問合せ・無料相談はこちら

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
不動産の名義変更や、相続、生前贈与、離婚 (財産分与)、売買等に関する手続きに
ついて、ご不明な点やご相談などございましたら、お電話または無料相談フォームより

お気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せ・無料相談はこちら

0120-670-678

受付時間:9:00〜18:00 (土日祭日を除く)

運営:司法書士板垣隼事務所

無料相談実施中!

相談は無料です!

0120-670-678

受付時間:9:00〜18:00
(土日祭日を除く)

運営:司法書士板垣隼事務所

無料相談の詳細はこちら

お客さまの声

当センターにご依頼いただいたお客さまに手続き終了後、ご感想をお伺いしております。ご了承をいただいたお客さまのご感想の一部を掲載させていただいております。

お客さまの声の画像

相続手続きガイド

相続財産の名義変更

相続が発生した場合、不動産以外にも、預貯金・自動車・株など各種の名義変更が必要になります。

事務所概要

代表の画像.jpg

運営事務所
司法書士板垣隼事務所

0120-670-678

03-6265-6559

03-6265-6569

代表者:司法書士 板垣 隼

代表者プロフィール

住所

〒102-0074 東京都千代田区九段南 4丁目6番14号
九段YMビル4階

主な業務地域

東京、埼玉、千葉、神奈川
などの首都圏を中心に
≪全国対応!≫

東京近郊は出張相談可

事務所概要はこちら

アクセスはこちら

当センターではプロサッカークラブ『モンテディオ山形』を応援してます!

モンテディオ山形ホームゲーム告知チラシダウンロード