不動産名義変更手続センターでは、相続や贈与時の土地・家・マンションなどの不動産名義変更手続きについて、お客さまを完全サポートいたします!

主な業務地域: 東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県を中心に全国対応

0120-670-678

受付時間

9:00〜18:00 (土日祭日を除く)

ご相談は無料で承ります!

投資用マンションを父が所有していましたが、先日父が亡くなりました。これから何をしたらいいでしょうか?

誰が相続するかは何で決まる?

遺言書があれば遺言書で指定された方が相続します。
遺言書がなければ、ご兄弟等と話し合いで決めます。

不動産の写真

亡くなった方の財産は、亡くなった方が遺言書を残していれば基本的には遺言書で指定された方が相続します。

遺言書がなければ、法定相続人の話し合いで分配を決めます。話し合いが整いましたら遺産分割協議書を作成し、皆様で署名押印し協議内容を書面に残します。

なお、売却して相続人間でお金を分ける方法もございます(換価分割)。

自分が相続することになったけど、名義変更は必要ですか?

マンションを売却する場合は、名義変更が必須です。
売却しない場合でもお早めに手続きされることをお勧めいたします。

不動産の写真

マンションを売却する場合は、亡くなった方の名義のままでは購入者に名義変更できません。よって、売却前に名義変更しておくことが必須です。

また、マンションの所有者(オーナー)が変わった場合は、賃貸している方に所有者の変更の案内や、家賃の振込先の変更などを通知することになるかと思います。

通知を出し、借主がすぐに承知してくれれば問題ないですが、本当に所有者かどうか尋ねられたときに証明できるようにしておくには名義変更(相続登記)が必要です。

相続登記しておくと所有者であることが客観的に証明できますので、相続人以外の第三者に自分が所有者であることを通知する際には名義変更しておくと確実でしょう。

準確定申告とはなんでしょうか?

亡くなった方の、1月1日から死亡した日までの所得の申告です。

不動産の写真

亡くなった方に所得がある場合(主に毎年確定申告している方)、相続人が1月1日から死亡した日までに確定した所得金額及び税額を計算して、相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に申告と納税をしなければなりません。これを準確定申告といいます。

通常は1月1日から12月31日までの所得を確定申告しますが、亡くなった場合は、1月1日から亡くなった日までの分を申告することになります。

投資用のマンションなどを所有されている場合は、家賃収入がございますので準確定申告が必要になるでしょう。

お問合せ・無料相談はこちら

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
不動産の名義変更や、相続、生前贈与、離婚 (財産分与)、売買等に関する手続きに
ついて、ご不明な点やご相談などございましたら、お電話または無料相談フォームより

お気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せ・無料相談はこちら

0120-670-678

受付時間:9:00〜18:00 (土日祭日を除く)

運営:司法書士板垣隼事務所

相続手続きガイド

相続財産の名義変更

相続が発生した場合、不動産以外にも、預貯金・自動車・株など各種の名義変更が必要になります。

事務所概要

代表の画像.jpg

運営事務所
司法書士板垣隼事務所

0120-670-678

03-6265-6559

03-6265-6569

代表者:司法書士 板垣 隼

代表者プロフィール

住所

〒102-0074 東京都千代田区九段南 4丁目6番14号
九段YMビル4階

主な業務地域

東京、埼玉、千葉、神奈川
などの首都圏を中心に
≪全国対応!≫

東京近郊は出張相談可

事務所概要はこちら

アクセスはこちら

当センターではプロサッカークラブ『モンテディオ山形』を応援してます!

モンテディオ山形ホームゲーム告知チラシダウンロード